組合の事業活動
 傘下事業所が共に助け合い企業の安定に資する共済活動の充実、また企業の経営基盤の整備から対社会的な啓蒙活動まで、そして何よりも国民各層から親しまれる屋外広告業でありたいと、幅広い事業活動を展開しています。

都市景観に寄与する屋外広告物の適正化の推進啓蒙
屋外広告事業に関する情報の提供
組合員の福利厚生に関する事業





・労働保険(労災、雇用)事務の代行
 「愛知県広告美術業協同組合労働保険事務組合」
・屋外広告物賠責共済の代行及び制度の普及
・事業所団体生命共済保険の取扱い
・所得補償共済制度の取扱い

 看板材料の共同購入

「屋外広告優秀作品展」の開催
名古屋市中区栄交差点の集合広告板の管理・運営
広告美術仕上げ技能士、技能検定(受託)の実施
技能グランプリへの参画、参加
屋外広告士の地位の向上

屋外広告業者に対する資格制度「屋外広告士制度」が平成4年に発足し、その実施団体として社団法人全日本屋外広告業団体連合会が認定されました。
 その後、大臣認定基準の変更等により平成13年からは建設業法施行規則に基づく技術・技能審査等事業に位置づけられ、さらに平成16年の景観法制定に伴い屋外広告物法が31年ぶりに改正され、これまでの業者届出制度は登録制度に変り、登録にあたっては営業所ごとに業務主任者を選任することが義務づけられ、業務主任者となる資格の第一として「登録試験機関が行う試験に合格した者」の規定が定められました。



HOME